うるおいらんど

アプリ開発やサイト制作のメモとか。

【書評】cocos2d-xではじめるスマートフォンゲーム開発を読んでみた

魚ライン
魚ライン

書評というほどでもないですが。

「cocos2d-xではじめるスマートフォンゲーム開発[cocos2d-x Ver.3対応] for iOS /Android」を読み終わったので紹介します。

 

cocos2d-xではじめるスマートフォンゲーム開発 [cocos2d-x Ver.3対応] for iOS/Android

新品価格
¥3,218から
(2016/5/12 13:12時点)

 

良かったところ

1番はやはり作れるゲームが結構楽しいというところでしょうか。

私が書店で色々な本の中から選んだ理由がこれです。

3種類のゲームを通して、cocos2d-xでのゲーム制作について学ぶという形です。

1つ目のゲームは「かわずたんキャッチ!

Simulator Screen Shot 2016.05.12 12.07.18

 

2つ目のゲームは「かわずたんジェット!

Simulator Screen Shot 2016.05.12 12.15.30

3つ目のゲームは「かわずたんクラッシュ!

Simulator Screen Shot 2016.05.12 12.24.10

 

です。

 

実際にAppStoreにてダウンロードすることができますので、気になる方は見てみてください。

作りたいゲームが既に浮かんでいる場合はそれに近い本を選ぶと良いと思いますが、まだ決まっていないという場合はこの本はすごくお勧めできます。

 

内容的に良かったと思う点は、

・cocos2d-xの紹介が結構ちゃんとしている(成り立ちから、基本的な構造まで)

・メモリ管理の説明がある点

・様々な外部ツールが紹介されているので、色々なツールを知ることができる点

です。

とにかくメモリ管理の話はありがたかったです。Swiftの参考書をやってたときを思うと全然そういう話は出てこないので(そもそも仕様が違うので当たり前かもしれませんが)、メモリリークの話とかが書かれていたのは嬉しかったです。

あれでもリファレンスカウンタってSwiftもそうじゃなかったっけ・・・じゃあ似たようなもんじゃ・・・

 

外部ツールは全ての使い方の説明があるわけではありませんが、こんなツールがあるんだよ〜とまとめて紹介してあり、今後結構使えそうです。

かわずたんジェットは、Tiled Map Editorというものを使っているのですが、まぁとにかく便利で楽しい。マップが簡単に作れます(笑)

 

悪かったところ

とにかく誤植が多いです。それが残念でした。

ちょっとした所の誤植だったりするのですが、実際に1からそのまま作っていったりすると、結構あれってなる所が多いです。

コードを書くファイルの名前がガバガバでしたね。

察するスキルが必要です・・・。

プログラム内容自体の誤植はほぼなかったので、本の通りに書いたのにエラーで進まない!ということはあまりありませんでした。これは良い所。

 

 

ある程度プログラミングの知識がある人向け!

個人的には誤植が多いこと以外は結構よかったです。

ただし、初めてプログラミングをするぞー!という人には絶対お勧めできません。。。

本書で扱わないこと、に書かれているのですが、C++の文法やプログラミングの基礎知識についてはほとんど扱っていません。

なので、ある程度プログラミングの知識があって、なおかつC++の知識もちょっとはあるぞーという人向けです。

 

また、作ったゲームを実機で試したり、ストアで販売する方法というのは書かれていません。

アプリ開発自体が初めての人だと、別にもう一冊やっといたほうが良いかもなぁと思いました。

あとwindowsとmacの両方用意できるほうが良いですねー。

 

結論的には、

アプリ開発にちょっと慣れてきて、基本的なプログラミング知識は多分ある!そんでなんかゲーム作ってみたい!

という完全に私向けでしたね。

 

あとは、全てのコードの解説があるわけではない(画面遷移とかは1度出てきたら以後は説明がないしコードも本の中には書いてない)ので、完全に出来上がったアプリが3つ作れるわけではありません。

あ、完全版のサンプルコードもちゃんと公開されてますよ。

その分新しい知識が書かれているので私的には良い点だと思っていますが、1本1本をじっくり解説してほしい人とかもいると思いますのでそういう人は注意してくださいな。

 

そしてしょうがないことなのですが、出版されてから結構経っているので、紹介されている外部ツールのバージョンが異なっていて、うまくいかない部分がありました。

Cocos Studioというツールが紹介されているのですが、バージョンが変わっていて、その部分はとりあえず丸々とばしました。とりあえずざっと目を通す程度で。

一応用意されているファイルを用いることでアプリ自体は作成できますが、せっかくなら今のバージョンの解説を読みたかったなぁと思っちゃいますね。

 

cocos2d-x自体のバージョンが4系とかになったら、改定版とか出てほしいですね(笑)

 

それではこんな感じで。勉強になりました!

 

 

 

魚ライン
モッピー!お金がたまるポイントサイト
魚ライン

アプリ開発の記事一覧を見る

コメント

コメントは認証制です。詳しくは下記の注意をお読みください。

コメントを残す

コメント時の注意

「Twitter」「Facebook」「Google+」「WordPress」のいずれかのアカウントをお持ちの方は各アカウントと連携することでコメントできます。 コメントしたことはSNSに流れませんので、アカウントをお持ちの方はこちらの方法でコメントを投稿して下さると嬉しいです。 アカウントをお持ちでない方はメールアドレスで投稿することができます。 初回コメント時は承認後に表示されます。

魚ライン 魚ライン