うるおいらんど

アプリ開発やサイト制作のメモとか。

これまで使った手帳とこれから使いたい手帳のお話。

魚ライン
魚ライン

こんにちは。Reoです。

今月5日に今年の手帳を買って、ブログを書こう書こう思っていたのにもう1月中旬になってしまいました。
今回は手帳のお話をしていこうと思います。

毎年私は何かしらの手帳を買って、日記帳や備忘録に使っています。

 

まずは今年2017年の手帳の紹介から。

今年はEDiTのこちらの手帳を購入しました。

マークス EDiT 手帳 2017 1月始まり B6変型 1日1ページ ペディール ピンク 17WDR-ETA06-PK

新品価格
¥4,968から
(2017/1/14 18:47時点)

 

これの紺色のやつです。



 

今年は結構色々悩んだんですが、文苑堂で3割引につられてこちらにしました。

EDiT手帳自体は一昨年も使っているので結構無難な選択になりました。

 

1日1ページ書ける手帳が素晴らしい

一昨年に初めてEDiTの手帳を購入して以来、昨年、今年と3年連続で1日1ページ書けるタイプの手帳を選んでいます。

もともとスケジュールなんてものはほとんどないので、毎日作業をする横に置いておいて、メモやアイディアを書き留めたり、その日の1日したことを書いたりして使っています。

1日1ページの手帳はわりと値段も張りますが、毎日使うものですし、次の年になっても読み返して楽しむことができるので、高くてもそれだけの価値があるんじゃないかなぁと思います。

今年はいくつかの手帳と迷ったので、それらを紹介していこうと思います。

まずは購入したEDiTから

 

EDiT

MARK’Sの人生を編集する手帳「EDiT」です。

中身はこんな感じ



 

こちらの手帳は一昨年も同じ中身のものを使っていました。

書き込むとこんな感じ。



 

車校に行ってた時にめっちゃ書いてました。普段はもうちょっと白いです。恥ずかしいのであんまり見ないでぇ(´・ω・`)

左側に時間の数字があり、後は・・・・があってノートのようにそこの間に文字を書くこともできますし、図を書くこともできます。私はもう何も気にせずそんな点なんてあったの?って感じで書いてますけども。

 

手帳ってボールペンで書く人が多いんじゃないかなと思いますが、裏移りもあんまりしなくていい感じです。ただ下敷きはあった方がいいんじゃないかなぁと思います。ぼこぼこします。

 

NOLTY

能率手帳の「NOLTY」です。

NOLTYの中のNOLTY U365という1日1ページの手帳が今年一番買うか迷った手帳です。
EDiTが割り引かれてなかったら多分こっちを買ったんじゃないかなぁと思います。

能率 NOLTY U 手帳 2017 1日1ページ 365 ラグーングリーン 6528

新品価格
¥3,002から
(2017/1/14 19:24時点)


使ってみていないのでレビューはできないのですが、個人的にガバッと開いてかけるのかな?というのがちょっと疑問でした。
その点以外はパッと見完璧です。後はサイズ感とかが使って見ないとわかんないなぁ

 

MDノートダイアリー

『「余白」には理由があります。』と書いてあるノート「MD」の1日1ページダイアリーです。

mdのノート自体は結構好きで、いくつか持っているのですが、今年初めて手帳があると知って買おうか迷いました。

 

1日1ページタイプは2種類のサイズがありました。

ミドリ MDノートダイアリー 手帳 2017 12月始まり デイリー A5 1日1ページ 27533006

新品価格
¥3,186から
(2017/1/14 19:34時点)

ミドリ MDノートダイアリー 手帳 2017 12月始まり デイリー 文庫サイズ 1日1ページ 27532006

新品価格
¥1,706から
(2017/1/14 19:36時点)

 

文庫本サイズが1日1ページにしてはコスパがすごく良いです。

中身の形的には他のやつのが好みかなぁといった感じ。

本屋に大きい方しか置いてなかったので買うのをやめたんですが、文庫があったら買ってましたね。

初めての人にはコスパがいいので手は出しやすいです。

 

ほぼ日手帳

最早いわずもがなになってきていますね。

1日1ページといえばほぼ日手帳。個人的にはそんなイメージです。

去年は、ほぼ日手帳を使っていたのですが、今年は最寄りで買える店がなかったのでやめました。

中身はこんな感じ



 

方眼です。

1日1つ言葉が載せられているのが特徴ですね。

書き込むとこんな感じ。



 

なんかちょっと大事なことが書いてあったので歪んでますが気にせず。

しょうもないことしか書いてないんですがこんな感じで使ってました。使い方自体はEDiTを使ってる時とそんなに変わらないですね。

 

ほぼ日手帳 2017年 手帳本体(1月はじまり) オリジナルサイズ 月曜はじまり版 ほぼ日 正規品

新品価格
¥3,290から
(2017/1/14 19:54時点)

 

お値段がちょっとお高め。さらにここからカバーが高いのです。

先に本体を買って、後からカバーを買おうと思っていたのですが、結局高くてほぼ日のカバーは断念。カバーだけで5000円はなかなか手が出ない・・・

ただ文庫本サイズなので、普通のブックカバーでも全然ありです。

ほぼ日のカバーも値段は張りますがその分魅力的で、本当は買いたい・・・。でもカバーだけはWebでぐらいしか買えない・・・。先に本体買っちゃったし・・・。

という感じで結局裸のまま使っていました。

 

ほぼ日手帳のことは調べればいっぱい出てくるので個人的にちょっと気になったことだけ。

紙が薄いので裏に結構透けます。毎日ガツガツ書いていればむしろ気にならないのですが、空白とかがあると結構気になりますね。

あとは都会か通販でしか買えない点ですね。

わりと実物主義者なので通販自体全然しないのですが、やっぱりカバーとか手に触れてみないとわかんないですからね。そもそも田舎にいると本体が売っている本屋すらないので、取扱店舗がもっと増えたらいいのになぁと思います。


去年は使いこなせていなかった感じがするので、またそのうち使いたいですね。

 

今まで使ってきた手帳

手帳をスケジュール帳としてではなく日記帳でしか使わない人間なのですが、今まで使ってきたのを紹介します。



 

とはいってもこのくらい。

かわいいの2つが中身同じで、紺色のがEDiTで、残るがほぼ日です。

最後にこのかわいい手帳紹介しますね。

 

クーリア ハッピーメイクダイアリー

ハッピーメイクダイアリーという手帳です。

とにかくかわいいカバーがいっぱい出てます。

そして中身もなかなか使いやすい。



 

書き込むと



 

ただの日記なので恥ずかしくてぼかしたり画質落としたりしたら、もう全然何が何だかわからないよ!!!

 

日記を書くにはめちゃくちゃ使いやすいです。

あと巻末付録みたいなのだとか、目標書く場所だとかがあって、1冊もうすんごい使い込んであるんですけど、後から読んでも面白いです。

 

1日1ページの手帳にしてから1日終わって思ったことを書くというより、その日何があったかをメモするようになったので、以前のこういうタイプの日記の方が自分の感情がわかってそれはそれでいいなぁと思いました。

併用するのもありなのかもしれないです。

今年のかわいいカバーこんな感じです。(どれもかわいんですけどね!)

クーリア ハッピーメイクダイアリー 2017 手帳 A6 チョコビット/キャット 18004

新品価格
¥1,764から
(2017/1/14 20:25時点)


 

クーリア ハッピーメイクダイアリー 2017 手帳 B6 チョコビット/ベアー 18022

新品価格
¥2,102から
(2017/1/14 20:27時点)


中身も本当に好きなので余裕があればまた使いたいなぁと思います。

 

 

もう1月も中旬ですが、1日1ページ手帳なら今からでも遅くはないと思います。

どうせ続かない〜っていう人も一度お試しあれ〜

 

ちなみに私、一昨年のEDiTも去年のほぼ日も6月途中で真っ白になります。

それまで頑張ってるのに半年過ぎるといつの間にか書かなくなっている・・・。

それでも懲りずに1日1ページの手帳を買ってしまいます。今年は1年ちゃんと使おう。がんばります。

 

それではでは。

魚ライン
モッピー!お金がたまるポイントサイト
魚ライン

日常の記事一覧を見る

コメント

コメントは認証制です。詳しくは下記の注意をお読みください。

コメントを残す

コメント時の注意

「Twitter」「Facebook」「Google+」「WordPress」のいずれかのアカウントをお持ちの方は各アカウントと連携することでコメントできます。 コメントしたことはSNSに流れませんので、アカウントをお持ちの方はこちらの方法でコメントを投稿して下さると嬉しいです。 アカウントをお持ちでない方はメールアドレスで投稿することができます。 初回コメント時は承認後に表示されます。

魚ライン 魚ライン