うるおいらんど

アプリ開発やサイト制作のメモとか。

ITパスポート試験を受けてきますた。

魚ライン
魚ライン

あああああああ

ああああああああああああああ!

わりとギリギリでわろたあああああああああ

 

こんにちは。

ITパスポート試験受けてきました!

結果・・・・

 

705点

 

1000点満点で600点以上合格です。

いや・・・・ほっとしたけれど点数悪いなぁ・・・

 

分野別では

ストラテジ600点

マネジメント780点

テクノロジ705点

らしいです。

 

合格点だけれど合格じゃないことってあるのかな、わからないけれどとりあえず来月の発表を待つ。大丈夫とは思うけれど。

 

ITパスポート試験を実際に受けてみて感じたこと

思ったより時間がなかったです。165分あるし絶対余るだろうと思ってのんびり解きすぎたんですかね。とにかく見直しする時間もないくらいにギリギリでした。

CBT方式(パソコン上で問題を解くやつ)なんですけど、見直ししたい項目にはチェックボタンがつけられます。

残り時間も書かれているので時計はいらなかったです。

 

とりあえず少しでも自信がない問題にはチェックボタンをつけておいたんですが、最後の最後に1分くらいしかない状況でチェックがついていない問題の数を必死に数えたんですよ。どうにか60個あってくれって。

な・・・ない!笑

45個くらいしかなかった。あれ・・・ってなったけれど結果見てホッとしました。

 

また、ITパスポートでは電卓は使えません。

なので計算問題はちゃんと計算しなきゃいけません。。まぁそこまで大した計算でもないですが。

 

これから受けようと思う人に気をつけてほしいこと

まずは勉強方法ですが私は

絵などを使った読みやすい参考書を1冊とあとは過去問を4回分をやりました。

実際に出た問題を見て感じたのは

参考書と過去問両方をやる必要があると思います

 

ITパスポートの選択肢で存在しないものはありません。なので初めて出てくる単語でも、他の単語が消去法で消すことができれば正解できます。そのため過去問を解くときは正解が何かだけでなく、選択肢に知らない単語が出てきたらちゃんと解説で確認しておくことが大切です。

 

勉強手順

①参考書を一読する

②過去問を解く

③過去問の見直しをする。わからない単語は調べてノートにまとめる。

という形で、①を3日程度で②③を一週間くらいで、勉強時間は約10日程度でした。

私はこれで一応合格点いきましたが、やっぱり参考書は最低でも2回は読んだほうがいいと思います

 

あとは解説、スマホでの勉強にこちらのサイトを活用しました

ITパスポート試験ドットコム

そして試験前日に気付いたんですが、この試験にはシラバスがちゃんとあります。試験範囲も決まっています。

参考書を読んだ時点でも良いので、まずはシラバスを読みましょう・・・

IPA独立行政法人 情報処理推進機構

こちらにあります。

 

ITパスポート試験ドットコムにはシラバスに載っている単語がまとめられていますのでこちらも覚えておくと良いでしょう。

私は前日にシラバスに気づき、あわてて上記サイトで単語を確認しておきました。。。

 

あとは過去問をするときは時間を計っておきましょう。私みたいに時間が長いので大丈夫だろう〜と計ってなかったら最後めちゃくちゃ焦りましたのでお気をつけください。。。

 

反省と抱負

無事に合格(しているはず)なので、春に基本情報技術者試験を受けようと思っています。(秋には応用!)

今回の反省として

・もっと時間をかけて勉強する。

・シラバスを読む

・過去問をもう数年分くらい解く

・時間を計って過去問を解く

ぐらいでしょうか。。。

ITパスポートは10日で無理やり詰め込んだ感じなので、やっぱり理解が深まっているかといえば微妙です。選択肢の中から選ぶことはできるけれど、口で説明できるかと言われれば出来ない気がします。

なのでITパスポートの復習をしつつ、アウトプットできるくらいまで勉強したいなぁと思います。

 

あと試験の方式(CBT方式)がどんな感じなのか知っておいたほうがやりやすいかなぁと思います。

【ITパスポート試験】CBT擬似体験ソフトウェア

こちらで過去問を実際と同じように問題を解くことができます。

 

 

とりあえず終わったので開放感!!!!

明日からはドライブ旅行に行ってくるので遊んできます!!!!!

来週からは正月リリースを目標にしてアプリ作りをしていこうと思います><

 

それではでは

魚ライン
モッピー!お金がたまるポイントサイト
魚ライン

日常の記事一覧を見る

コメント

コメントは認証制です。詳しくは下記の注意をお読みください。

コメントを残す

コメント時の注意

「Twitter」「Facebook」「Google+」「WordPress」のいずれかのアカウントをお持ちの方は各アカウントと連携することでコメントできます。 コメントしたことはSNSに流れませんので、アカウントをお持ちの方はこちらの方法でコメントを投稿して下さると嬉しいです。 アカウントをお持ちでない方はメールアドレスで投稿することができます。 初回コメント時は承認後に表示されます。

魚ライン 魚ライン